<Mac>ユーザー辞書を活用してみる<iPhoneとも連携可能>

 Macをお使いの人向けの記事である。El Capitanでもそうでなくてもユーザー辞書というものがある。

ユーザー辞書の開き方

  1. 環境設定を開く
  2. キーボード
  3. ユーザー辞書

といたって簡単。

登録方法

Macから設定する

  1. 「+」を押して入力(左側)によみをひらがなで入力
  2. 右側をクリックして変換を入力(入力して変換されるべき文字を入力)
  3. 「+」をクリックすれば追加される。

iPhoneから設定する

  1. 設定→一般→キーボード→ユーザー辞書
  2. すると登録されている一覧が表示される
  3. 右上の「+」を押す
  4. 単語を登録(変換されるべきもの)
  5. 「よみ」によみがな(実際に入力するもの)を入力
  6. 保存をタップ

何が便利か?

iPhoneでも同じものが使える。(iPhoneで全角のスペースを入力したい時に便利)

 MacやiPhoneで登録してしまえば、iCloudを通じて別のデバイスにも記憶させることができる。
 例えば、iPhoneで全角のスペース(空白)を入力したい時にはこの技が有効である。例のごとく、

  1. 「+」を押して入力に「ぜんかく」と入力
  2. 右側の入力に「 *」(全角のスペース+何かの文字)を入力して「+」

という手順を踏めば、iPhoneでも全角のスペースを入力することができる。
また、プログラムなどのコマンドを手っ取り早く入力したい時もよく使うコードをあらかじめ登録しておけば、MacでもiPhoneでもこれを使うことができる。
例えば、iPhoneなどでこんなくだらないブログ記事を書きたい時などにこれを使うと
htmlなどのタグを手っ取り早く入力できる。

全角と半角の切り替えの手間が減る。

 これを駆使すれば全角と半角の切り替え(とはいえMacの場合はボタン1つだが)の回数が格段に減る。これが結構手間が減って便利である。

逆に・・

 登録しすぎると変換の際に候補がでまくって逆にまよう、、、かもしれない。

総じて

 入力環境を便利にすると作業効率が上がって何かと便利である、とふと感じるわけである。

広告

ゆいかおり氏「Promise You!!」の情報解禁されたときいて

 昨日ツイッターのニューストピックで紹介されていた情報解禁に関して簡単に記事に書いておく。

MVが公開されている

 youtubeから見ることができるようなのでここに紹介しておく。


また、トピックになっていた記事も引用しておく:

<参考>
ゆいかおり、新譜「Promise You!!」詳細解禁

総じて

 夏ですなっ!!
 衣装やシーンの変わり方、様々なところで夏を感じることができる。また、曲のテンポからしても管理人のような老人でも気軽についていけるように思う。
 現在放送中のアニメ、カードファイト!! ヴァンガードG ストライドゲート編」のEDなんだそう。
 こちらに関してはチェックしていないので、機会を見て拝見したいところ。
ちなみにゆいかおり氏のことはour steady boyのころから存じ上げている。


ということで結構簡単ではあるがレビューとさせていただこう:

アメブロから移ってきた理由<いまさら>

 もしかしたら前に同じようなことを書いたかもしれないが、他からのブログのインポートが完了したので改めて。
 タイトルのとおり、管理人はもともとアメブロユーザーであった。
が、現在はこうやってfc2からブログを更新している。
なんでかというと、まあ色々理由はある。

色々な環境や事情の変化

 1つは、色々事情が変わった、ということ。管理人自体に色々変化が生じたというところであろうか。これは管理人自体の理由、といったところであろう。

デザインがいじりづらい

 2つは、アメブロはデザインがやりづらい、というところ。テンプレートは色々あるにしろ、どうもcssのデザインなどが非常にやり辛い。そんなこんなでつまらないなあ、とか思っていたわけである。
 とはいえ、このブログもスマホから見ている方はなんとなくわかると思うが、今現在レスポンシブ(スマホ用のデザイン)をオフにしている。それがいいかどうかは別として。。

html入力のやりづらさ

 3つは、ブログが書き辛い、というところ。今のfc2に比べて、非常にhtmlのやりようがやりづらかった。これもfc2ならサラサラとhtmlが書ける(最新のエディタは微妙だが)といったところ。アプリでもhtmlがサラサラ書けるのでその辺はありがたい。(ほかにはワードプレスぐらいか)

アプリが微妙だった

 4つは、アプリの問題。iPad版のアプリは、、、ないんだわな。。(これに関してはfc2はあるにしろ、iPadの横表示に対応していないのは微妙なところがあるが。。。)

ほかのコンテンツは正直自分には不要だった

 5つはAmebaのほかのサービスを殆ど使わない、というところ。正直、ピグも作ってみたが(それが昔のTwitterのアイコンでもあったが)それ以外はあまり使わなくなってしまった。ピグ以外のAmebaのサービスに至っては全く使わない有様であった。


総じて

 といった感じに色々な理由があってこっちにきた、というわけである。ちなみにアメブロ時代の記事もこっちに移動しているので、当時の管理人の惨状をご覧になりたい方はぜひ。。。月別の所から記事を見に行けます、、

昨年の8月のブログをインポートしました。

事務連絡的な更新です。
昨年の8月で別サイトで投稿した記事をこっちにもってきたのでそのご報告です。

ということでこれで2011年からのブログが1つにまとまったわけですな。
適当に記事を書いては更新しているので、今後ともよろしくお願いします!
2016年7月14日 @ShiGe0207


今更だが、OS X El Capitanにした感想など

 Macユーザーの中でも飛び抜けて時代遅れな管理人であるが、この度、今現在の最新OSであるEl Capitanにしてしばらく使ってみたのでその感想などを述べていきたいと思う。

まずの感想

 いつものようにApp Storeからダウンロード(無料)してインストールという流れ。ダウンロードの方は6.21Gほどあってさすがに数時間を要した。この辺も手持ちの回線速度によるので一概には言えないところがある。が、多分数時間かかる。。
 そしてインストールの方は30分ちょいで終わる。
 窓10の無償アップグレード、強制アップグレード問題があるが、MacもOSに関しては無償でアップグレードできるようになっている。

新しいフォントがやってくる

 これまたYosemiteとは少し違うところで、El Capitanにするとちょっとだけフォントが変わる。あとはマウスポインタの周りに出てくるアレの形も変わる。
 そして、pagesなどを開くとわかるかと思うが、新しいフォントがいくつか追加されている。筑紫ゴシック、游明朝体などのフォントが追加されているようだ。

速度は問題無い。

 旧式のMacBook Airでもそんなに問題なく動作している。むしろyosemiteの時よりサクサク動いているような気がしないでも無い。
 ただ、自分のMacBookの場合は少し重いと感じるところは少しだけある。ただ、そこまで気になるわけでもないんだがね、、

スプリットビュー

 左上の青いボタンを長押しすることによって、2アプリをスプリットできるようになった。がしかし、これは使えないアプリもある。。
 ただ、これもスペックが低い場合はアレである。。少しだけだがね、、

マウスポインターを素早く動かすとでっかくなる。

 これはやってみるとわかる。素早くマウスポインターを動かしてみるとマウスポインターがでっかくなる。どこにいるのかを発見したいときは便利かもしれないが、、あまりその恩恵は受けていない。

やはり幾つかのソフトに不具合発生。。

 これまた仕方のないところ、、この辺は各々のソフトを見てアップグレードするかどうかは見極めておいたほうがよい、、

ライブ変換は正直鬱陶しい

 El Capitanから実装されたこのライブ変換。ようは入力しているうちに勝手に変換してくれるというやつ。これは正直鬱陶しいし、入力の際にかなりのストレスになる。ということでオフ。これは環境設定から気軽にできる。

総じて

 MacのOSアップグレードのレビューはかなり久しぶりだったかと思う。少なくともYosemiteの時は書いた記憶がない、、ただ、そこまで悪くないOSではないかと思う次第だ。

FasPosを使ってみた感想<iOSアプリ><iPhone>

 今日もまたアプリのレビューを書いてみようと思う。
昔のiOSにあったTwitterに即投稿できるような機能を再現してくれるアプリはないか、ということで入れてみたのがこれ。
iOS向けのTwitterアプリはあちらこちらにあるが、リストを見ている時など、そういった

全体的なところ

  • 区分:無料アプリ
  • 種類:Twitter投稿ウィジェット
  • 入手方法: App Storeから無料で入手
  • 管理人の評価:★★★★

細かいところの感想

 まず、慣れるのに少し時間がかかった。基本的には上からウィジェットを出してタップしてアプリが起動→文字を書く→右スワイプで投稿 という手順。この「右にスワイプで投稿」というところがわからずに右往左往してしまったわけだ。ただ、慣れれば、結構便利なアプリかと思う。
 その他、Nowplayingや画像投稿もできるようだ。
 また、viaは「iOS」のようだ。via見れない人(主に公式アプリユーザー)には関係ない話ではあるが。。
 ちなみに写真から何かをつぶやくのはカメラロールからもできる(これはアプリなしでも可能)が、文字だけは今のiOSではできなかったゆえ、こんなアプリを探してレビューしてみた次第である。

総じて

 MacOSとかには直接投稿する機能あるのにiOSのはなぜなくなったんだろう、とかふと考える次第である。と思ったらEl Capitanにも見当たらない、、どうしたことやら、、

<Twitterアンケート結果報告>例のアレです<前回との結果比較>

例によって、アンケートの結果報告である。この間の選挙に関するアンケートをTwitterにて実施した。今回は新たに10代(18〜19歳)も投票できるゆえに、どういう経過をたどるのかは気になるところである。前回も選挙前に似たようなアンケートを実施していはいるので、それとの比較もしていこうと思う:
文章などは以下とした:

アンケート項目・結果

//platform.twitter.com/widgets.js

各々に対するコメント

 まず、主文からして「投票に行っていない人はこのアンケートに回答する意義はあまりない」というところにご留意いただきたい。そして、前回のアンケート結果を以下に示す:
 

<Twitterアンケート結果報告>あなたは参議院選の選挙に行くか?!

結果:

//platform.twitter.com/widgets.js
 

1位:「そもそも選挙権ねえよ!」:45%

 これは前回のアンケートと同じ結果となった。それほど本アカウントが若い人たちに支持されているのか、それとも永遠の17歳がやはり多いのかはさておき、1位が同じ結果になったところは色々な意味で興味深いところである。
 

2位:29%「よく分かんねえから紙に落書きしてきたよ!」: 29%

 落書きと言っても色々な意味を持ち合わせている。白票なのか本当にアレな何かを書いたのか、それとも支持政党などがなかったのか、など、考えられる要素が多いのでなんとも言えないところである。
 

3位: 「ありがとう!日本の将来のために1票入れてきたよ」: 19%

 ここの界隈で真面目な人はそれぐらいの割合か、、という意味もあるのかもしれない。
 

4位: 「野次馬だよ!選挙なんて行かねえよ」:07%

 正直で素晴らしい!
 

別視点から: 何かしらの投票をした: 29%+19%=48%

日本経済新聞のこの記事によると、18〜19歳の投票率は45.45%だそうだ。
NHKのこの記事によると、今回の全体の投票率は54.70%だったそうである。
つまりは10代の投票率が少し低いというところもあるかと思うが、やはりそんなもんであろう、というのも正直な感想であろう。

その他: 国政選挙の投票率の推移

 やはり総務省はこういったデータの分析もしているようである。
 

総じて

 色々考えるといいと思う。それで入れるか、入れないか、どこに入れるかを吟味していくことを考える、ということが重要などことであるかと月並みながら感じる。がむしゃらに「投票に行こう!と言ってしまうのも少し論点がずれている。正しい思考でどう考えるか、を吟味してあり得る選択肢のどれかを行使するかを個人個人で吟味すべきであろう、年代問わず。と月並みながら思うわけである。

<時代の変化> スマホで読めるサイズ感は素晴らしい <とある新聞の1面>

これもTwitterでもうすでに話していることであるがもう1度。
こんなツイートをRTした。

//platform.twitter.com/widgets.js
なんてことはない。新聞の1面だ。
1面のメインは、まあお察しの通り昨日の参議院選挙のアレである。
この画像をスマホでタップして拡大してみると、
iPhoneなどのスマホでは1文字1文字鮮明に読むことができる。
画質が素晴らしいというのもあるかと思うが、
満員電車の中でもスマホで手軽に読めるサイズ感は大変素晴らしい。
というように世の中便利になったのであるな、とふと感じる次第である。
よく大きな何かがあった時に号外も巷では出るかと思うが、こういうデジタルコンテンツは21世紀に入って確実に増えている。
今後どういう形になっていくのかは楽しみなところがある。
と思っただけの記事である。

聞々ハヤえもん レビュー<iPhone無料アプリ>

iPhoneでキーなどを調整する時、よくアプリ「カプリチオ」を使っていた。これと似たような類のアプリに「聞々はやえもん」というのがある。これを入れてみてしばらく使ってみたので、ここでレビューをしておきたい。(2016年7月9日現在の最新バージョンでの話である。

概要

  • 区分: iPhone無料アプリ
  • 種別:音楽再生・音程調整・速度調節
  • 入手方法: App Storeから無料で入手
  • 管理人評価: ☆☆☆☆

詳細レビュー

選曲画面

FullSizeRender.jpg
 右上のボタンを押すことでプレイリストなどを取り込んでいくことになる。iPodに入っているのから選んでいくことになる。曲や歌手などのカテゴリーから所得することも可能。
 

プレイリストを取り込めたり一括削除することができる。

 これを駆使して聞きたい曲をプレイリストに取り込んで、一括で消す、という動作を繰り返すと便利。

カプリチオと違い、iPhoneのプレイリストをそのまま全部取り込むことはできない

 これに関してはカプリチオのほうが便利なので惜しい所。

速度調節・キー調節は直感的


 こんな画面で直感的に行うことができる。数字で調整することも可能。
 

このループも地味に便利


 これはカプリチオにはないやつ。曲のどの位置かというアレだがこれが非常にわかりやすい。
 

イコライザも充実している


 色々調整できるが中には「それ使うのか?」というアレもある。ちなみにこの画面で選んでいる奴は本当に低音だけになってしまう。。
 

エコーも充実している


 カスタムで調整できるが、このようにテンプレートも充実している。ライブハウスのエコーは微妙だった気がしないでもないが(^^;

前のバージョンでは設定した速度やキーが元に戻ってしまうことがあったが、、

 前のバージョンでの話だが、設定した速度やキーが元に戻ってしまうことがある。この辺はアップデートでどうなったかはもう少し様子を見たい。

総じて

 カプリチオとは違う個性がまたあるがiPhoneの音楽で少し遊んでみたい人や管理人のような音程をアホみたいにあげてプレイしたいという悪趣味な人間には面白いアプリであることには間違えない。

<Twitterアンケート結果報告>Windows10に関する満足度調査<普及はしているが不満は多い>

 7月29日までWindows7や8.1なら無償でWindows10にアップグレードできることは記憶に新しい。
 なお、当サイトでは、以前、お使いのウィンドウズに関してTwitterでアンケートを行いその結果報告を以前に行っている。その記事も参考文献として記しておく:

<アンケート>あなたのお使いのウィンドウズは?!<結果報告>

 と、2016年5月に行ったアンケート調査の結果でも使っているOSはWindows10が36%とトップに君臨した。
 そこで、この無償アップグレード期間終了間近となった今、Windows10に関する満足度を調査したく、アンケートを実施した。その結果に関してご報告したい。
 

アンケート文章・選択肢・結果

 以下とした。また結果も以下の通りである:

//platform.twitter.com/widgets.js

アンケート結果に対するコメント

1位: そもそもWindowsではない : 39%

 色々考えられる要素はあるが、Macやその他のOSを使っている場合やそもそもスマホやタブレット(iOSやandroid)のみでPCを使っていない、といったことが考えられる。
 

2位: クソだが仕方なく使っている: 27%

 肯定的な意見を上回ってしまったが、アレな感情を抱いていようと使っているようで、、
 

3位: 最高!素晴らしいOSだ! : 18%

 と思っている人の方が少なかったようだ。。

4位: 頭にきたから元のOSに戻した: 16%

 意外と少なかったのがこれ。もっといるのかと思っていたが、、
 

別視点から

 個別の選択肢に対するコメントはここまでにして、次に単なる満足度を比較してみよう。
 
 ここでまず、Windowsではないと回答した39%を除く61%の中で比較したい:
 

Windows10を使っている人の割合

 {(27+18)/61} × 100 = 73.77 
とWindowsを使っている人のうち、74%ほどの人がWindows10を使っているということになる。これは以前に行った使っているOSに関する調査を行った結果でも言えるが、Windows10はいちお、普及してきてはいる、ということでいいのかもしれない。
 

Windows10に対して肯定的な意見を述べている人のパーセンテージ

 (18/61) × 100 = 29.50 
とおよそ30%の人が満足している、と言っていいのかもしれない。

Windows10に対して不満を抱いている人のパーセンテージ

 元のOSに戻した人や我慢して使っている人のパーセンテージを合わせると100から上の30%を引けば良いので、およそ70%の人が不満を持っている、と言っていいのかもしれない。
 

総じて

 Windows10自体は普及しているが満足度の高いOS、とはまだ言い難い、と言っていい結果になった。間もなく無償アップデートの期限が迫ってくるようだが、今後アップグレードするかどうかお考えの人は参考になっただろうか。
 
 個人的な興味から行ったアンケート調査であったが、以前のアンケート含め興味深い結果を得られることができた。アンケートに協力くださった方々にこの場を用いて感謝申し上げたい。