Macファン2月号を読んだ

ホームページの方の日記にも書いたが、
Macfan2月号を読んだ。ここではもう少し具体的に記事にまとめていこうと思う。
色々なソフトが紹介されていた。
結構iOSにでもありそうな便利ツールがあるんだな、と思ったのはここだけの話だ。
いくつか気になったところをピックアップしていこうと思う。


結構取り上げられていたevernote

 evernoteといえば、筆者も重宝しているアプリ、ソフトの1つ。AndroidやWindowsにもあるメモアプリだ。
各々で同期させることも可能。例えば、iPhone版のevernoteで書いておいたメモをMacのevernoteに同期させることもできる。
作成したメモなどを共有したりすることもできる。また、手書きツールで手書きで文字を書き込むことができたり写真もアップロードすることができる。
一部のブログサービスではevernoteで書いた記事を直接貼り付けることもできる(そのまま反映される。)。はてなブログなどがそうだ。
筆者もこのブログや様々な原稿をこのevernoteで書いていたりする。
実際使っている人は多いようで、いくつかのページでevernoteが紹介されていた。
一番ベーシックなグレードは無料だが、もっと上のスペックを要求される方向けに有料グレードもある。
ただ、普通に使っている分には無料版でも十分かもしれない。
ちなみにApp StoreでMacでもiOSでも無料でアプリをインストールすることができるので、気になる人はインストールしてみるといいかもしれない。


小中学校にセルラーモデルのiPadが投入されていると聞いて

セルラーモデルというのは、ソフトバンクやauなどの携帯キャリアの回線を使うiPadのことである。
普通はWi-Fiモデルを投入することも多いのだが、
茨城県の古河の小中学校では、セルラーモデルのiPadを投入しているそうだ。
専用のWi-Fiをわざわざ設置しなくてもいい、という利点はあるかもしれない。
そういったiPadを文房具のように駆使し、プログラミングなども学んでいくそうだ。
自分も小学生のときにそういう教育を受けたかったなあ、なんて思ったりもした。
今や、iPadはタブレットという側面以外にも教育向けの文房具として必須になってきているのかもしれない。
プログラミングまで行かなくとも、オフィスソフトをタブレットで使いこなせるなどの「電子教科書」「情報収集の道具」以上の使い方が将来的には要求されていくのだな、とふと感じた。
かくいう自分も今年からタブレットを使い始めた身だ。若い方々に負けないようにしていきたいところだ。
せめてタブレットでも素早く入力できるようにはしたいところ


表紙は乃木坂46の方のようだ。なんやかんやで近年はApple製品のユーザーが増えている印象はある。

広告

iOS9.2で無音スクショできるか実験してみた

iPhoneやiPadにある便利な機能として「スクリーンショット」(通称スクショ)というものがある。

スクリーンショット(スクショ)とは?

iPhoneやiPadで今写している画面をそのまま画像として保存できてしまう優れものだ。

スクショを行う方法

iPhoneやiPadで「電源ボタン」と「ホームボタン」を同時に押すとこの機能を使うことができる。

でもシャッター音がなってしまう!

筆者もよく使う機能なのだが、これを行う際普通のカメラと同じシャッター音がなってしまうという点がある。
静かな場所で使ってしまうと、結構シャッター音が目立つものだ。

いくつかのサイトで無音でスクショを行う方法が紹介されているが…

そこで、いくつかのサイトで無音でスクリーンショットを行う方法が紹介されている。


無音でスクリーンショットを行う方法

方法は以下の通りだ:

1) 音楽アプリで音楽を鳴らす

 どんな曲でも構わないのでとりあえず流してみよう。

2) 音量を0にする

 次に音量を0にして音楽を流してみましょう。

3) スクショしたい画面を表示する

 次にその画面まで移動してみましょう。

4) あとは普通にスクショするだけ

 音量0で音楽を流した状態でスクショしてみよう!

5) すると音が鳴らない!?

 と紹介されているわけだ。2回目以降は普通にシャッター音が鳴るので注意!!


そこでiOS9.2(2015年12月現在最新のiOS)で無音でスクショできるか実験してみた。

 そこで、2015年12月現在の最新のiOS、iOS9.2でこれを実験してみた!

iPhone6で実験

 無音だった。

iPad miniで実験

 最後の1音が鳴ったがほぼ無音といってもいいかもしれない。(静かな場所でもほとんど気にならないレベル)


結論:iOS9.2でも無音でスクショ可能かと思われる。

 現在のiOS9.2でも問題なく無音でスクショ可能かと思われる。


おまけ: アプリ「Pocket Tube」でも同じことをしてみた

Pocket Tubeって?

YouTubeなどの動画からデータをキャッシュして(動画もキャッシュしてくれる)バックグラウンドで音楽を再生してくれる便利なアプリだ。キャッシュした音楽は完全なオフラインでも再生してくれる、という素晴らしく便利なiOSアプリである。

そのPocket Tubeで同じことをやってみる

上記の無音スクショの方法でやってみみるが、思いっきりシャッター音が鳴った。
どうやらPocket Tubeでは同じことはできないようだ。


※ この方法で万が一音がなってしまっても管理人は責任を負えません。
※機種によって状況が異なるかもしれません。
※iOS9.2のみで実験を行いました。

酔っ払いニュース 2015/12/27 「今時のSNSは4文字!?」「BRTか?鉄道か?」「問題の235!?」

「良いお年を」なんていうシーズンになってきました。というか今日のプリキュアでも「良いお年を」なんていうフレーズがあった。
今日も酔っ払いニュースをやっていきましょう。


E235系試運転始まる

営業運転開始早々トラブったあの山手線の最新型車両、E235系が再び試運転を開始しました。
前にトラブったのは新システムのトラブルだったので、その辺が解決されているのかどうか、気になるところです。
果たしてこの車両は山手線の今後を担っていくことができるのか、気になるところです。


ついにSNSも四文字に?

「Ping」というSNSがあるらしい。四文字で何かをつぶやいて、
位置情報などを利用し、近くの人と共有したり、登録してる写真なども共有できるそうだ。
TwitterやFacebookより手軽なんだとか。
だんだんインターネットツールの文字数が減っていっている気がしないでもない。
ただ、手軽になっている分、そのツールの利用人口は増加しやすいかとは思うが。


そんな時代になってしまったのか  お坊さんネット手配「中止を」 アマゾンに仏教会要請へ:朝日新聞デジタル

なんと、このご時世はお坊さんまでネットで手配してしまうような時代らしい。
21世紀になってネットも発達してきて今や誰でも手軽にネットができるような時代にはなってきたが、、、まさかここまでデジタル化されるようになっていたとは。。。
というのが正直な感想だ。


JR大船渡線、鉄道復旧断念 BRT化、気仙沼線は保留:朝日新聞デジタル

東日本大震災の影響では多くの路線がストップし、「バス高速サービス」BRT (Bus Rapid Transit)というもので仮復旧している路線がある。

何かって言うと、バスと専用の道路を用いて高速で輸送できるようなサービスを提供する、というものだ。広い意味で言えば、新潟にあるアレだってBRTに該当するかもしれない(というかBRTって呼ばれていたような)。
鉄道がいいのか、いっその事このままBRTの方が良いのか、悩ましいところかもしれない。


さて、今日はこんなところにしておきたいと思います。
次回がいつになるのかは不明なのでここで、
「良いお年を!!」
とほざいといて次回が年内だったらスンマセン。。。

2015年に見たドラマまとめ

管理人が2015年に(というか近年)見たドラマのまとめを書いていこうと思います。
ただし、リアルタイムのものとは限りません。また、全話みているとも限りません。
順不同に書いていこうと思います。


ロングバケーション

いきなり今年のドラマではありません。通称、「ロンバケ」。なにを思ったのか、全部見通してしまった。主演は、、、言わなくてもわかるかもしれませんが、あの「ちょまてよ」の方です。今思うと結構豪華な俳優さんがご出演なさっているのだな、とふと思いました。

やまとなでしこ

これも今年のドラマでは全然ありません。2000年頃のものです。お金が全てな高飛車タイプとお金なさそうな感じの人の恋愛を描いています。結局世の中お金が全てなのか?といったところの答えが素晴らしいかと。このドラマにはそういった点で考えるものがありましたかね。
このドラマで主演の桜子が医学生と合コンする光景があって、医学生が座ると同時にテーブルに高級車のキーを自慢げに置くシーンがあるのですが、ああいうシーンを実際に見かけた事があります。ドラマのようなシーンを現実に見てもあまり羨ましく感じなかったのはここだけの話です。


ランチの女王

もちろん、今年のドラマではない。


GTO(1998年)

もう今年のドラマ紹介を諦めたのかと言わんばかりに今年のドラマではない。反町さんが主演のやつです。


エイジハラスメント

これは今年のドラマ。年齢(エイジ)でハラスメントされること。管理人も年齢でハラスメント食らったことがあるので、なんとなく見てしまった。今時の光景では、、、なさそうだが。


下町ロケット

これも今年のドラマ。視聴率といい、何やかんやで話題になっていた。Twitterでも結構話題になっていた。


ビーチボーイズ

これは今年のドラマではない。これまた豪華な俳優陣だ。見ていると海に突っ込みたくなってしまう(て毎年どっかしらの海にはつっこんでいるか


空から降る一億の星

やはり今年のドラマではない。

京都美食タクシー

今年の6月あたりにスペシャルかなんかでやっていた2時間ドラマ。テレビを見たらたまたまやっていた。話としては面白かった。主人公のタクシーはプリウスだった。そういう時代なのか。情報検索にiPadを駆使していた。そういう時代らしい。

るろうに剣心

今年やっていたスペシャルで見ていた。意外な俳優さんが出ていたんだなあ、とふと思った。むしろアニメのほう見てたっけか、、、。

経世済民の男

小林一三氏(阪急グループの創設者)の生涯を描いたドラマ。9月あたりに放送されていたものだ。阪急電車が開通していくまでの過程も描かれていた。
 


今年のドラマがほとんどないですが、こんな感じでした。

2015年に見たアニメまとめ

2015年に管理人が見ていたアニメなどをまとめてみようと思う。
ここで、2015年に放送していたアニメに限定しておく。

プリパラ


 今年は2年目。第2期とも言われるが、話数自体は通し番号となっている。競合している(?)アイカツに比べてギャグ要素が強いかもしれない。が、ダンスシーンや仕様楽曲といった要素はハイクオリティだ。これは前身のプリティリズムにも言えることだ。キャラの性別や年齢がよく分からないのも特徴。特に性別は・・・。

ご注文はうさぎですか??


これもなんとなく見ていた。ゆる~い感じがまた素晴らしい。

アイカツ


何話か見た。曲も結構充実しているのだな、とふと感じた。

アルドノアゼロ


そういえばこれも今年のか。第2シーズン(後半の方)が今年に該当する。

Go!プリンセスプリキュア


数話見たが、話が飛び飛びでよくわかっていなかったりする。ちなみにプリキュアシリーズは来年も続投するそうだ。来季は魔法使い、だったか。

城下町のダンデライオン


オープニング、エンディング共に結構いい曲かと。エンディングのHoney Comeは結構聞く。オープニング、エンディング共にどこかの音楽番組でやっていたことを覚えている。


今年放映されていたものに限定すると、意外と少ない。他にもアニメは結構見ていたはずなのだが、
他はどれも今年のものではなかったわけだ。

酔っ払いニュース 2015/12/22 流行語大賞、エンブレム、その他、、、

世間はすっかり冬の気候となってきている。今日は冬至だそうだ。
気まぐれ更新のコーナーなので、年内にあと何回更新するのかは不透明だが、
今日も酔っ払いニュースのコーナーをやっていこうと思う。

酔っ払いニュース 流行語大賞2015 決定 「マイナンバー」

2015年12月12日~22日をかけて、Twitterのアンケート機能を用いての流行語大賞企画を行った。10個の単語をノミネートさせ、それをトーナメント形式で流行語大賞を決定させる、という手法を用いて流行語大賞を決定した。その結果、栄えある流行語大賞はマイナンバーに決定した。酔っ払いニュース初の企画ものである。様々な実験を目的としてこの企画を行った。課題点はまだあるが、ご協力いただいた方にはこの場を借りて感謝申し上げたい。

新国立競技場の設計・施工業者 きょう決定へ

新国立、「A案」で政府に報告へ きょう関係閣僚会議:朝日新聞デジタル
いろいろ曰く付き(?)なこのこふ、いやじゃなくて新国立競技場だが、果たしてどうなるか。。。
結局のところ,A案なのか。
どのぐらいの費用がかかるのかは気になるところかと思われる。
そして、早速採用されたデザインが色々あるのはなぜであろうか。。。?


柚子湯のシーズンか!?

今日、12月22日は冬至らしい。
冬になってくると、風呂に柚子を入れたりする人もいるかもしれない。融通がきくように、ということらしい。
他に、冬至=湯治なんていうのもあるそうだ。
体を温める効果もあるんだとか。
迷信でもなんでもやってみると良いかもしれない。
柚子の入れ方も様々なようだ。丸ごと入れる方法しか見たことはないが。


新年の挨拶はメールやSNSでいいか?

新年の挨拶、なんていう季節になってきました。
ハガキの年賀状は時代とともに減っているようだ。
正直、メールやSNSで十分かとは思う。
工夫次第で凝った伝え方もできる。画像などのツールも手軽に使えるので、そこまでハガキにこだわる必要もないのではないかと思う。
さて、皆さんはどうお考えだろうか。

18歳から選挙で投票できるようになるが

今年は若者が政治に興味を持っている、ような風潮がメディアでは醸し出していたが、果たして実際問題はどうなのだろうか。


ミラージュに自動ブレーキ

三菱の小型自動車、ミラジージュが自動ブレーキを装備するとかなんとか。
ミラジージュ自体は昔からある小型自動車だ。
内装の写真も見たが、結構良さげな感じだ。
昔のに比べてデザインも良くなっているのではないかと思う。


五輪組織委:メールアドレス流出 旧エンブレム応募者分 – 毎日新聞 記事

Bccにし忘れた、ということだな。
一斉メールをするときに、「ブラックカーボン」といって、Bccに設定しておくと、
一斉メールを送るときに、受信者は他の一斉メールの受信者のアドレスが見えない、
つまりは、受信した人は送信者のアドレスしかわからないような設定なわけだ。
それを忘れると、一斉メールの他人のアドレスがだだ漏れになるわけだ。
これは他の業界でもやってる人を結構見かける。
知らずにやっている人や、ワザとやっている人も見かけたことがある。
一斉メールの際には是非Bccをお忘れなく。
場合によっては個人情報うんぬんで問題になるので気をつけておきたいところだ(自戒)。


さて、明後日はアレだが、
その前に明日は祝日である。
そう、明後日はね、、、。

本を交えて駅ナカについて考える

本の紹介を交えながら、「駅ナカ」というものについて考えて見たいと思う。
まず、2つの本を紹介したいと思う。
どちらも「駅ナカ」についての話だ。どちらも2007年、2008年あたりの本である。

ecute物語

 エキュートと読む。JR東日本のいくつかのえきにある「駅ナカ」だ。
駅ナカといっても、駅の売店のようなものではなく、デパートと比べても遜色ないサービスがそこにはある。(行ったことある人も多いかもしれないが)。
そんなエキュートができるまでの話などが綴られている。
エキュートも店舗が増えてきていて、何気なく使っているかもしれないが、それができるまで色々あったようだ。

躍進する「エキナカ 小売業」

こちらは「ニューデイズ」などを題材に取り上げて、エキナカ事業の発展について述べられている。JR東日本では有名なコンビニ、「ニューデイズ」。最近のニューデイズにある「自動レジ」なんていうのも題材に取り上げられていた。その他、首都圏内の駅ナカの店舗などの実例も写真などで紹介されていた。


最近のエキナカ事業は確実に発展している!

「駅ナカ」事業は21世紀に入ってから間違えなく発展してきている。そして、これによって、街の発展というものに確実に寄与しているであろう。立川駅や大宮駅、上野駅など、この駅ナカによって以前とは違う買い物の形態が確立されつつある。
改札内にコンビニだけでなく、デパ地下、衣料品、書店など、1つのショッピング街を形成している駅も増えてきている。
また、それに伴い、駅の内装も見違えるほどになっている駅も多々ある。
この流れは全国的にも広がっている。駅のコンビニがセブンイレブンになったりしているところもあれば、エキュートのような駅ナカを構築している駅もある。
改札内外問わずに駅で買い物できるようになるとは便利な時代になったものだ。
今後も様々な形態で駅周辺は発展していくのであろう。
このネタは前の記事にも書いた気がしないでもない。。。

タブレットを教育現場に導入すべきか!?について考える

こんなニュース記事があったので、少し議論していきたいと思う。

Reading:デジタル教科書に6割賛成 懸念の保護者も NHKニュース 記事

この記事によると、賛成が6割ちょいで反対が3割超である。
ただ、この場合、「デジタル教科書」ということが論点だ。
賛成意見は ペーパーレスになるので、荷物が少なくなる、動画や音声などのコンテンツが使える、といったところだ。
反対意見は「書く力や考える力が失われる」といったものや、「健康面への影響が大きい」といったものがあげられる。
「紙の教科書の良さ」なども焦点に上がっているようだ。
この記事ではどっちがいい!とはあえて言わないで議論を進めていこうと思う。
なので、賛成意見、反対意見共に考えていきたい。

賛成意見について考える

ペーパーレスに貢献できる

まず、紙の教科書がタブレット1台になる、ということで、荷物量の低減につながることであろう。これは教育現場でなくともビジネスや医療、といったジャンルでも多々活用されている。
ビジネスでも、社内マニュアルなどのデジタル化がよく行われている。JR東日本がiPad miniを集団で投入した時も膨大な社内マニュアルをペーパーレスにしたらしい。
医療現場でも、視覚素材やペーパーレスに活用されているようだ。逆に患者が持ってきて活用しているとかなんとか

動画や音声などのコンテンツが使える

これもデジタル素材の魅力の1つ。紙だと字面やイラスト、写真が限界だが、デジタル化により、それに加え、動画や音声などのコンテンツが使えるという利点がある。これは教育だと、学校教育よりも予備校などで取り組まれているかと。予備校の授業の動画配信、個々にあった教育プランなどの提案、といったことにデジタル素材が使われている。


反対意見について考える

書く力や、考える力が失われる

これについて考える。教科書がデジタル化されることにより、書く機会が減るのではないか、とも、そして書くことでその先の「考える力」が失われていくのではないか、といったことが言われている。これは課題点の1つであろう。これに対する対処として、

「手書ツールの応用」

 iPadやiPhone、といった端末には手書ができるアプリが多々ある。ホワイトボードといったアプリや、メモアプリにも手書機能が使えるようなものがある。管理人もちょっとしたメモをとりたいときなど、iPadやiPhoneなどの手書ツールを活用している。
これは、世代に限らず便利なテクニックなので、身につけておくと便利かと。

「ノートを作る習慣を身につける」

… これも学習習慣の1つとして重要ではないだろうか。形はどうであれ、ノートはしっかりつけておいたほうが後々の学習に役立つかと。管理人が言えた口でもないが。

健康面への影響が大きい

これはタブレットに限らず、スマホにも言えることかと思う。
長時間画面を見ることになる機会が多くなるので、その弊害は多々あるだろう。
そういった面での対策は今後必要になっていくかと思う。

個人的な意見としては

では、ここからは私個人的な意見を述べていこうと思う。
上で偉そうなコメントしている自分も実は今年からタブレット端末を使い始めた身だ。
そんなタブレット初心者としてここからはコメントしていこうと思う。

人によってはパソコンに取って代わるのではないか!?

パソコンを使う目的というのが、ネットサーフィンの人は、タブレットはこの役割を確実に継承してくれる。
その他、メールやオフィスソフトだけ、という人もタブレットは確実にその役割を担っていくことだろう。
特に今年はiPadのラインアップに12インチクラスのiPad Proが出てきたことにより、よりその役割を果たしてくれそうだ。青歯キーボードを併用すれば、入力もさらに便利。

学習用の文房具としても使える。

早いところでは小学校から活用されているところもある。
使い方は教育用のソフトを用いたものから、手書ツールなどにも使ったり動画などを活用したりと様々だ。
もちろん、ペーパーレスの用途にだって使える。

いずれ使いこなせることが要求されてくる

今現在、色々な業界でiPadが活用されてきており、研修会なんかも実施される企業もある。
事例で学ぶiPhone、iPad使いこなし術といったサイトによく掲載されているが、企業もまた使い方を模索しているようだ。
もはや「ペーパーレス」以外の要素でタブレットを使いこなせることが要求されてきているようである。
そんな将来性のある端末に早い世代から慣れておくことは決して悪いことではないかと思う。
そのうちネットサーフィンのメインがパソコンからタブレットに取って代わる時代になってくるかと思われる。
おそらく将来的に要求される要素として、ペーパーレス以上の要素が求められてくるのではないかと思う。
では次に懸念要素について考えていきたいと思う。

導入コストは?

リンク先の記事での反対意見にはなかったのですが、
電子教科書を導入したとき、「誰がそのコストを負担するんだ?」
ということになるかと思われる。
現在導入している学校、企業などでも、
支給、ないしはもらえるところ

自分で買ってね
というところがある。
iPadにこだわらないなら、安く手に入らないこともないが。。。


結論

 課題はまだまだあるが、導入する価値は十分にあるかと思う。特に、外での簡単な作業などは、そのうちノートパソコンからタブレットへと、時代は変わっていくのではないかと思われる。


と偉そうな記事を書いている自分も今年からタブレットの使用を開始したので、自分が使っていて感じ取れることなど、ホームページかブログで記事にしていきたいところだ。

管理人が中高生時代冬休みに見ていたアニメまとめ

中高生の皆さんはもうすぐ冬休みだ。
皆さんはいかがお過ごしだろうか?
アクティブな人は遠征したり、深夜のカウントダウン、終夜運転乗り回しなど、様々かと思われる。(別に管理人が当時やっていたわけではないぞよ。)
でも、冬は寒いから引きこもりの人も多いかと思う。
そこで、冬休みにオススメのアニメなど、私が高校生ぐらいのころに見ていたアニメなどを紹介したいと思う。
リアルタイムではないものが多いが、もしよければ見てみてはいかがだろうか。


セーラームーン

アニメも色々シリーズがあって、全部見ると200話ぐらいある。
そこまで時間はない、というあなたは、劇場版がオススメ。
1993~1995年の冬休みに放映されていた。RとSとsuperSの3シリーズで劇場版の放映をやっていた。
特に、劇場版Rはオススメ。大人の鑑賞にも耐えうる作品かと思います。
他の劇場版もなかなかの良作かと思うので、見ておくと良いかと思います。
時間があったらアニメ版も見ておくことといいかも。
高校1年生の冬休みはセーラームーンに全て時間を費やしたのはここだけの話だ。200話全部見たし、劇場版も見たのはここだけの話だ。
変態仮面、いやいやタキシード仮面の活躍っぷりはかなりのシリーズでうかがうことができる。
管理人の感想ページも一緒にどうぞ!!


フルーツバスケット

全部で26話ある。コミック版もある。
一見コミカルだが、人間関係の話がやや深い。
管理人の感想ページも一緒にどうぞ!!


シスタープリンセス リピュア

完全に萌えアニメから一つ。話がいい、というよりも、作品のクオリティの高さ(作画、音楽など)が見所。
管理人の感想ページも一緒にどうぞ!!


姫ちゃんのリボン

青春もの。そして、魔法少女もの。これもまた、人間関係の描写が深い。また、時代を感じることができるかと思う。
管理人の感想ページ、、、作ってなかった。。。


管理人が昔、冬にみふけっていたアニメなどをまとめてみました。
結構オススメのアニメかと思うので、冬休みの過ごし方に困ったら見てみるといいことあるかもないかも、、、、
※ 管理人が今ハマっているアニメ、というわけではありません。あくまで当時見ていたアニメのまとめです。

iOS9での物理キーボードの切り替えがCtrl+スペースに変わっていた

iOS9になってから、端末のキーボード切り替えが、
「command+スペースキー」から
「Ctrl+スペース」
となった。これは今現在のiOS9.2でもそうである。
これで何が困るかというと、
「一部BluetoothキーボードにCtrlキーがないから切り替え機能が使えない」
ということである。logicoolの一部の機種なんかはそうだ。
という自分も実はこのCtrlキーのないキーボードを使っているんである。
しばらく青歯キーボードを使っていなかったので気づいていなかったのだが、
これに気づいてふと考えた。
ちなみにiPadの一部の機種に純正のキーボードがあるが、
これは専用のボタンがあるとかなんとか。
さて、色々試してみたが、1番早いのは、
fn+5 でソフトウェアキーボードを出して切り替える
かと。
この問題は対応されるのかどうかは不明だが、これで当座をしのいでいったほうが良さそうだ。